当院活動

講習会・学会参加

当院スタッフの医学的知識・技術を高めるために、外部の講習会や学会への参加を積極的に推進しています。

院内勉強会 実施実績

院内におけるチーム連携や医学的知識を高めるために、スタッフ全員での勉強会を月1回行っています。
また、理学療法士は週1回、文献抄読(学術雑誌や論文を読み、どういったデータや報告がされているのかをまとめて、発表する)、伝達講習会(参加した講習会・学会の内容をまとめて、発表する)、治療手技などの実技練習を実施しています。

院外活動「市内一斉共育の日」 

新城市では、子供を軸にその未来を第一に考え、学校を拠点にして、学校・家庭・地域の老若男女が地域総ぐるみで「自然・人・歴史文化の三宝」を生かし、共に過ごし、共に学び、共に育つ「感動・創造・貢献の活動」を作り出す、という考えのもと、「市内一斉共育の日」という日があります。当院の理学療法士も2018年「スポーツ外傷予防のためのストレッチ」「ロコモ予防のトレーニング」、2019年「高齢者の自動車運転について考えよう」という内容で協力させていただきました。

2018年の様子。東郷中学校の体育館でたくさんの生徒たちにストレッチやロコモについての体験をしてもらいました。

東三河広域連合運動器機能向上事業
「いいじゃん新城 キラキラ☆彡体操」

東三河広域連合運動機能向上事業では、東三河広域連合において介護予防の基本的な知識の普及啓発と、地域での主体的な健康づくり活動を支援するため、新城市において「体操DVD:いいじゃん新城 キラキラ☆彡体操」を作成し、2018年4月より体操DVDの配布・貸し出しを開始しています。当院の理学療法士もこの体操DVDの作成に協力しております。新城市の介護予防を推進するためにも、ぜひご活用ください。なお、詳しくは新城市社会福祉協議会にお問い合わせください。

地域の運動指導・介護予防

当院リハビリテーション科では、地域の方々の健康増進を図るため、介護予防の指導や、運動の指導などを受け付けています。
専門的知識のもと、正しい運動方法や介護状態になることを予防するために適切な運動などを提供します。ご要望があれば東三河広域連合もしくは当院リハビリテーション科にご相談ください。